ブログ

製造業が抱えるデジタル化の課題とは?デジタル化の事例もご紹介

製造業が抱えるデジタル化の課題

製造業が抱える現状の課題

ものづくり大国と言われてきた日本。そんな日本のものづくりを支えてきたのが製造業ですが、近年大きな壁に直面しています。現在、製造業が抱えている課題とはどんなものなのでしょうか。

リソースに対して業務量が多い

製造業は、製造自体を機械で行っていたとしても、管理やチェックなどは人の手で行われています。中には、ほとんどの作業を人の手によって行っている場合もあり、今だにアナログ業務が多く残っているのが現状です。そのため、少子高齢化が進む日本では人手不足により一人ひとりが抱える業務量が多く、余裕がない状態となってしまっています。

現場の業務管理に工数がかかり過ぎている

製造業の業務報告などは基本的に紙を使った管理体制で、工数がかかります。紙で管理を行っていると、受け渡しやデータをまとめる際には1つの場所に集める必要があり、管理そのものが大変です。また、紛失リスクもあり、人為的なミスも発生しやすいといえるでしょう。

製品の品質にバラつきがある

人の手で行われる作業は、どうしても品質に差が出てきてしまいます。さらに、一人ひとりが抱える業務量が多くなることにより、精度自体も悪くなっていくことが多いです。そうなると、ミスが多くなり、修正作業でさらに業務量が増えていくという負のループに陥ります。

製造業のデジタル化でどんなことが改善される?

多くの課題を抱えている製造業ですが、課題を解決するためにもデジタル化は必須です。では、製造業のデジタル化によって、具体的にどのようなことが改善されるのでしょうか。

現場の作業員の負担軽減

日々のアナログ業務に潜む無駄で非効率な業務をデジタル化することで、業務効率化を実現できます。特に紙中心の業務を廃止することで、書類を回収する手間や、紙からのデータ化する作業が不要になり、在庫管理などのデータ入力や集計に労力を使わずに済みます。
製造業の現場において、紙の代替として利用するツールはモバイルアプリがおすすめです。スマホの携帯性の高さと、使い慣れているスマホならITに不慣れな従業員でも直感的に操作できます。さらに、必要な報告は「現場」で完結することが可能になるため、報告のためにわざわざ事務所まで移動する負担を大きく軽減できます。

労働時間の短縮

前述したとおり、データ化や集計といった時間のかかる業務を効率化することで、労働時間の短縮につながります。労働時間の短縮により、離職率や時間外労働を抑えることも可能でしょう。時間外労働の問題だけでなく、効率化されて節約できた時間を他の業務に充てることもできるため、生産性の向上も期待できます。

人材不足の解消

少子高齢化が進む日本ですが、製造業でも人材不足は大きな課題になっています。必要な業務量に対して人手が少ないため人材不足に陥りますが、デジタル化により解消が可能です。デジタル化により、一人ひとりの業務量を削減し効率化することで、業務全体の必要人数を抑えることができます。

製造業が抱えるデジタル化への課題

製造業がデジタル化をすべきだということは、経営者や働き手も分かっていることかもしれません。しかし、実際にデジタルツールを導入しても上手くいかなかった事例もあります。では、どのような点が製造業のデジタル化の妨げになっているのでしょうか。

既存システムの改修や新システムへの移行がしにくい

製造業では、製造のラインを長年続けているところがほとんどです。そのため、既存システムの改修や、新システムの移行がしにくい状態になっています。すでに利用している基幹システムに、細かい現場業務を効率化するための機能が搭載されていないというケースも珍しくありません。また、システムを変えたことによる生産性の低下のことも考えると、なかなか踏み切れないというのが製造業が抱える課題の一つです。

デジタル化に詳しい人材・ノウハウが不足

デジタル化をすること自体が製造業にとっては大きなハードルでもあります。デジタル技術に詳しい人材がほとんどおらず、デジタル化をしようと提案する人もいないのが現実です。デジタル化したいと思っていても、導入方法や活用方法が分からなければデジタル化は進みません。
こういった背景からも、プログラムの知識のない現場担当者でも簡単に現場の運用に合ったシステム開発ができるノーコードツールの導入が製造業のデジタル化のカギだといえるでしょう。

日本では製造業のデジタル化はどのように進んでいる?

製造業のデジタル化は浸透していませんが、一部では取り組みが始まっているところもあります。実際に製造業のデジタル化は、どのように進んでいるのでしょうか。

生産・在庫管理業務のシステム化

製造業のデジタル化で真っ先に手をつけられるのが、生産・在庫管理業務のシステム化です。データ入力や集計、共有までをデジタル化することで、多くの業務を効率化することに成功しています。必ずある業務だからこそ再現性も高く、短縮できる時間も多くなってきます。

帳票記録のペーパーレス化

帳票記録のペーパーレス化も大きな効果を発揮します。帳票記録の場合、帳票の保管や人的ミスの軽減などにも役立ちます。作成の手間や送付の時間を減らすことにより、スムーズに業務を進めることも可能です。紙の帳票と違い、検索機能を使えば、必要な情報を探す手間を省くこともできます。

現場データの収集・分析

管理者が、現場の状況を把握するために、定期的に報告内容を確認していたものをリアルタイムに収集・分析できるのもデジタル化の魅力です。現場で入力したデータは、すべてクラウド上で管理・共有されるため、収集する手間を大きく削減できます。現場の手間もかからないため、両者ともwin-winの状態だといえます。

最新情報の共有をリアルタイム化

製造業で報告業務などの情報共有は、「紙」「電話」「メール」などで時間をかけて行われています。しかし、このような共有方法だと、共有忘れやタイムラグなどで正しい情報が共有されないことも珍しくありません。業務遂行と同時に最新情報を共有できる状態にすることで、正しい情報が早く共有されることにつながります。
また、プッシュ通知やアラートにより重要な情報が埋もれてしまうといった課題も解決することができます。

製造業のデジタル化の事例3選

製造業のデジタル化がどのように進んでいるのかは、なかなかイメージがしにくいものです。ノーコードでモバイルアプリを誰でも簡単に作成できる「Platio(プラティオ)」を活用した事例を通して、実際にどのようにデジタル化をしたのか見てみましょう。

京セラ株式会社:巨大倉庫の在庫管理をスマート化

京セラ株式会社では、巨大倉庫の在庫照合の時間削減やチェックミスの軽減に成功しました。Platioで「棚卸アプリ」を1日かからずに作成し、運用を開始したことで、アプリ上で在庫チェックから集計までを済ませることが可能になっています。また、現場から事務所にリストを取りに行く手間や、棚卸報告のデータ化により在庫照合を自動化したことで、目視チェックによるミスがなくなり、在庫精度の向上を実現しました。

京セラ、現場で作った棚卸アプリで巨大倉庫の在庫管理をスマート化

事例の詳細は下記をご覧ください。

京セラ、現場で作った棚卸アプリで巨大倉庫の在庫管理をスマート化

株式会社カクイチ:生産から納品までの報告にアプリを活用し、現場のDXを推進

株式会社カクイチでは、ペーパーレス化の実現と情報共有のクラウド化に成功しました。Platioで「生産〜納品までの各工程ごとに7種類のモバイルアプリ」を作成し、紙で管理をしていたデータをアプリで管理するようにしたことで、データの転記作業が不要になりました。。情報共有もスマホからできるようになったため、帰社せずにリアルタイムで情報共有が可能になりました。また、基幹システムと報告情報を連携することで一貫したデータ管理を実現し、トレーサビリティの確保につなげています。

カクイチ、生産から納品までの報告にアプリを活用し、現場のDXを推進

事例の詳細はこちらをご覧ください。

カクイチ、生産から納品までの報告にアプリを活用し、現場のDXを推進

株式会社コネクスト:入出荷管理アプリを3日で作成、物流センター事業の早期立ち上げに成功

株式会社コネクストでは、基幹システムで対応しきれていない業務の効率化に成功しました。Platioで「入出荷管理アプリ」を3日で作成し、基幹システムでは対応しきれない細かい現場の業務をアプリ化することでペーパーレス化も進み、業務の進行がスムーズになっています。アプリは基幹システムやモバイルプリンターと連携することで、データ活用も促進されました。

コネクスト、入出荷管理アプリを3日で作成、物流センター事業の早期立ち上げに成功

事例の詳細はこちらをご覧ください。

コネクスト、入出荷管理アプリを3日で作成、物流センター事業の早期立ち上げに成功

製造現場でのデジタル化について、詳しくはこちらをご覧ください。

まとめ

製造業のデジタル化は難しいとされていますが、成功すれば業務の効率化・標準化を図ることができ、大きな効果が見込めます。デジタル化しにくいということは、その分効率化できることが多くあるという裏返しなのかもしれません。

一度に全てをデジタル化すると、現場での活用にも戸惑ってしまいますが、少しずつ取り組めばバランスよくデジタル化をすることが可能です。現場で困っていることがないかをチェックして、現場の声を聞きながら、現場が使いやすい方法でデジタル化を進めましょう。

また、ネット環境やPCの所有台数など利用する「場所」や「時間」に制約の多い製造現場だからこそ、手持ちのスマホで業務効率化できる「モバイルアプリ」の活用が効果的です。

Platio(プラティオ)は、業務に合った100種類以上のテンプレートの中から選ぶだけで業務アプリを作成できる、モバイルアプリ作成ツールです。
プログラミング不要で、現場の従業員が自らアプリを作成することができるので、現場の声を反映しやすく現場に馴染むアプリを導入することができます。
日々の業務に潜む、単純でも時間のかかる業務をモバイルアプリで効率化してみてはいかがでしょうか?

 

製造業でのデジタル化への細かいポイントについて、詳しくはこちらをご覧ください。

Platio編集部 最終責任者:中野

著者画像 中野

2013年にアステリアに入社。制作からディレクションなどPlatioのWEB関連を担当をしています。

           

Platio体験セミナー

モバイルアプリ作成体験セミナー

あなたの業務を 日でアプリに

まずは触ってみよう。今すぐPlatioを体感!

サービス詳細や効率化課題など
お気軽に相談できます

オンライン相談