仕様一覧

Platio Studio

サービス仕様
サービス提供URL https://studio.plat.io/
対応言語 日本語、英語
ミニアプリ数の上限 200個
データポケット数の上限 30個(1ミニアプリあたり)
データポケットのフィールド数の上限

100個(1データポケットあたり)

データポケットのレコード数の上限 10万レコード(1データポケットあたり)
1つの添付ファイルサイズの上限 50 MB
動作環境
対応ブラウザ Google Chrome, Firefox, Safari, Edge の最新版
ディスプレイ解像度 横1000px, 縦600px以上
基本機能
Studioユーザーの管理 ミニアプリやデータポケットを管理するStudioユーザーを管理できます。メールアドレス、パスワード、アバターの設定ができます。アバターは4MBまでのPNGまたはJPEG形式の画像を使用できます。
※Studioユーザーは、10ユーザーまで作成できます。
ミニアプリの管理 データポケットを包含する入れ物であるミニアプリを管理できます。
ミニアプリのロゴには4MBまでのPNGまたはJPEG形式の画像を使用できます。
データポケットの管理 テンプレートからの選択でデータポケットを作成できます。作成したデータポケットはカスタマイズ、削除できます。データポケットの壁紙には4MBまでの1024x1024px以上のPNGまたはJPEG形式の画像を使用できます。
ユーザーの管理 モバイルアプリやデータビューアーを利用するユーザーを管理できます。名前、メールアドレス、パスワード、管理者権限付与の有無、Web APIでのアクセス利用制限、ユーザーの有効/無効を設定できます。
名前は後から変更できません。また、どのユーザーがどのデータポケットを利用できるかを設定できます。
Webhookの設定 レコードが追加/更新/削除された時に、指定したサーバーへ通知を送る機能であるWebhookの設定ができます。

* Platio Studioは、AWS上で運用しています。

導入事例集

Platio導入事例集

Platioの導入事例をひとつにまとめました。小売業やサービス業、医療法人まで幅広い事例を掲載しています。導入背景や課題、どんなアプリを活用して効果を上げたのか、導入担当者の声も交えてご紹介しています。

あなたの業務を 日でアプリに

まずは触ってみよう。今すぐPlatioを体感!

サービス詳細や効率化課題など
お気軽に相談できます

オンライン相談