ブログ

建設現場管理に求められる業務効率化!気をつけるポイントと具体的な方法をご紹介

現場管理に求められる業務効率化

現場管理の仕事内容とは?現場管理・施工管理との違いは?

まず始めに、建設業における現場管理の仕事内容や施工管理との違いについて解説します。

現場管理の仕事内容

現場管理とは、作業現場の指揮を取り、管理業務を行う業務です。基本的に現場作業に従事することはなく、工事全体の進捗管理をはじめ、工程・原価・品質・安全などの管理を行います。

現場管理と施工管理の違い

現場管理は、現場監督、施工管理などと呼ばれることもあります。明確な違いがあるわけではなく、企業や現場によって呼び名が異なることが多いようです。ただし、現場管理は現場管理中心で、施工管理はデスクワークが中心と線引きしているケースもあります。

現場管理の仕事がきつい!?求められる業務効率化

現場管理の仕事はきついイメージがあり、実際に人手は不足しています。建設現場の仕事がきついと思われる理由や、業務効率化が必要な理由について詳しく解説していきます。

建設現場における人手不足

建設現場では、工事を期日までに完成させるために、労働時間が長く、休日が取りづらいことがあります。私生活に支障をきたすこともあるため、なり手が少なく、慢性的な人手不足に陥っています。また、現場管理の業務は、職人とのコミュニケーションはもちろんのこと、顧客である取引先ともコミュニケーションを取らなければなりません。業務が多いのに加え、一人ひとりとコミュニケーションを取るのに工数がかかってしまい、部下や後輩の指導にまでなかなか手が回らないのが現状です。

現場管理で求められるデジタル化

現場の人手不足を解消するため、近年は建設現場でもデジタル化が求められています。紙や事務所のパソコンで行われている進捗状況確認、健康状態の管理などをモバイルアプリでリアルタイムに報告することで、業務を効率化する動きも見られます。アナログ業務にかかっていた時間や事務所への往復時間を短縮することで残業などを減らし、他の業務に時間をかけることが可能になるでしょう。

現場管理をデジタル化するメリットは?

建設現場ではデジタル化が求められています。こちらではデジタル化を進めることによって得られる4つのメリットについて、詳しくご紹介していきます。

生産性の向上

現場管理をデジタル化する場合は、「紙の報告書」などのアナログ業務をデジタル化することが生産性向上の近道です。その中でも、手元のスマートフォンから現場ですぐに報告が完了できるモバイルアプリの活用がおすすめです。また、現在、多くの人がスマートフォンを持っており、感覚的な操作性に慣れているため、ITに不慣れな従業員でも扱いやすく、デジタル化が浸透するまでに時間がかかりません。また、ネット環境に左右されず、パソコンのようにかさばらないといったメリットもあります。その場で何かあった際にすぐに入力できるため、紙や口頭伝達が不要になり、生産性はかなり向上するでしょう。どのような場所に居ても、リアルタイムに情報を更新できる点が魅力です。さらに、事務所に戻ってパソコンに入力するなどの移動時間を削減できます。

リアルタイムな情報共有で迅速にトラブル対応が可能

施工管理などのチェックにモバイルアプリを使えば、スマートフォンから写真や動画を簡単に添付した報告が可能です。写真や動画は現場の状況を正確に伝えやすく、相手に伝わりやすいのが魅力です。さらに、情報共有がしやすく、誰もがリアルタイムで現状を把握できます。特に早急に対応しなければならないトラブル時などは、紙や電話で伝える場合よりも、素早い対応が可能になります。

情報の一元管理による管理工数の削減

紙で情報を共有する場合は、伝達するまでに時間がかかります。電話で伝える場合は、個別での伝達しかできず、さらに言葉で状況を上手く説明しなければなりません。モバイルアプリであれば、「プッシュ通知機能」を活用することで、重要な連絡が埋もれることなく、必要な人に的確に情報を共有することができます。また、手元のスマートフォンから過去データの検索や閲覧も容易で必要な情報をすぐに確認することができます。今まで紙や電話で情報を伝えていた場合は、かなりの工数削減が期待できるでしょう。

ヒヤリハットなどの危険の減少

モバイルアプリで情報を伝達する場合は、即時に情報を共有できるので、各自にヒヤリハットをいち早く伝えることができます。さらに、紙や電話と異なり、情報を蓄積できるので、何か疑問がある場合は過去の事例を参考にすることも可能です。操作性が簡単なモバイルアプリで簡単に入力できる仕組みを作っておけば、口頭や紙で情報共有していた時よりも多くの情報が集まりやすくなるでしょう。

デジタル化を進める際に気をつけるべきポイント

人手不足や業務効率化のため、デジタル化を進めたいといった現場は多いでしょう。しかし、いくつか注意点があります。

現場に合ったシステムを導入する

建設現場では、あらゆる年齢の人が働いています。年配の作業員やデジタル機器に慣れていない人の場合、操作が難しいと慣れるまでに時間がかかってしまいます。普段使っているモバイルアプリのような「分かりやすさ」「操作のしやすさ」が考慮されたものでないと、浸透するのは難しいでしょう。また、システムを導入する場合は、自社の効率化したい内容が実現できるか、現場に合った機能はついているかなど、機能の幅広さや充実度も確認しておく必要があります。

システム導入だけでなく、運用にのせる体制・仕組みづくりを行う

システム導入するなら、全員が活用できるものでないと意味がありません。運用を始めるにあたって、体制・仕組みづくりは非常に重要になります。どのような立場の人であっても同じレベルでシステムを活用できるようにすることが大切ですが、慌ただしい現場の中で、何度も操作説明会を行うことや研修会が何日も必要になるような複雑なシステムはなかなか浸透しづらいでしょう。

現場管理を効率化する具体的な方法とは?

現場管理を効率化するためにできる、具体的な4つの方法についてご紹介します。

【方法1】クラウドを活用してデータを管理

特定のソフトウェアを利用した場合、事務所などのパソコンで入力しなければなりません。しかし、クラウドなら場所を選ばずにリアルタイムでデータを共有・管理できます。多くの人に同時に情報が伝えられる、データが蓄積される、どこからでも操作できるという条件は、忙しい現場において欠かすことのできない条件と言えるでしょう。

【方法2】コミュニケーションツールの導入

現場管理は、多方面かつ多くの人とコミュニケーションを取らなければなりません。業務アプリを活用すれば、今まで一人ひとりにかけていた多くの時間を、1つの操作で複数の関係者に同時に伝えることが可能になります。また、スマートフォンであれば、携帯しやすいのはもちろんのこと、即応性があり、写真や動画を活用できるなどの利便性もあります。

【方法3】業務の見える化

現場では「前任者が行っていた」「いつもこうしている」など、属人化しやすい業務が多数あります。しかし、今まで担当者ごとにバラつきのある作業も、システムを導入することで、業務フローが統一化されたり、従業員全体の業務が把握しやすくなり、管理工数が削減されます。また、データの蓄積により疑問点や課題も分かりやすくなるでしょう。

【方法4】従業員の健康と安全をデジタルで管理

毎日行う健康管理も手書きの報告書を回収する手間や、記載内容をデータ化する作業が必要でした。「工事安全点検」「現場作業報告」「ヒヤリハット記録」など、日々の業務内容は多岐にわたり、膨大なデータを管理する必要があります。しかし、毎日必要な管理項目をデジタル化することによって入力は各自で行うことが可能になり、データも蓄積されるので、管理者の作業工数はかなり削減できます。

これらすべてを叶えるには業務アプリがおすすめ

上記でご紹介した方法1~4の内容をすべて網羅できるのが業務アプリです。業務アプリを活用することで、業務を効率的に処理することが可能になります。モバイルアプリ作成ツール Platio(プラティオ)は、自社の業務に合ったモバイルアプリをプログラミング不要で作成・活用できるクラウドサービスです。アプリが完成したら、ボタン一つで配布でき、すぐに利用できます。日時や位置情報の自動入力や選択肢の入力補助もあるので、使う人も簡単に操作できる点が魅力です。クラウド上のデータは、ブラウザから一覧やグラフ表示で確認でき、データはCSVやExcel形式でエクスポートすることもできます。

Platioが提供している業務アプリはこちらからご確認ください。

建設現場の作業状況の見える化はアプリで管理!

工場現場に置ける作業状況の報告、管理アプリはこちら!

工事開始前に点検項目を記録できるアプリをご紹介!

100種以上のテンプレートを活用しながら自社で使いやすいアプリを作成

Platioでアプリを作成する際は、さまざまな業務で使える100種類以上のテンプレートから選び、項目の追加や見た目の設定を行います。ドラッグアンドドロップといったマウス操作で簡単に業務用のモバイルアプリが作れるため、プログラミングの知識がない人でも、数日で自社の業務に合ったモバイルアプリを作成可能です。建設・建築現場では、以下のようなテンプレートが活用されています。

工事現場の危険体験を記録して再発を防ぐ!業務アプリツールのテンプレートはこちら!

現場管理の課題を業務アプリで解決した事例

業務アプリを実際に導入し、現場の業務効率化を実現させた事例を紹介します。

東備建設、
建設現場での重機点検報告をアプリで完結、点検漏れゼロを実現!

東備建設株式会社は、工事に使用する重機の点検記録を用紙に記入していました。記入済みの用紙は月に1度回収して状況の確認を行っていました。しかし、回収までに時間がかかり状況の確認が難しいことや、記入漏れがあった場合に対応できないことが課題となっていました。

そこで、Platioを導入し「重機点検アプリ」を作成したことで、業務アプリで簡単に点検報告ができ、点検状況をリアルタイムに確認できるようになりました。また、点検や管理業務の効率化を実現しました。

東備建設、毎日の重機点検報告をアプリで完結!点検漏れゼロを実現

詳しくはこちらをご覧ください。

東備建設、毎日の重機点検報告をアプリで完結!点検漏れゼロを実現

カルテック、
検温アプリで社員の体調を管理し、感染防止の対策を強化

株式会社カルテックでは、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全社員に向け、毎朝の検温報告の徹底、発熱や体調不良の自覚症状がある場合は出勤せずに自宅待機するなど、感染拡大防止対策の実施を決定。検温報告を社員と管理者で手軽に共有し、報告内容を元に迅速に指示できる仕組みに最適なツールを探していました。

そこで、Platioを導入し「検温レポートアプリ」を作成しました。社員が自宅からスマホで簡単に報告できるようになり、異変がある場合は、管理者にプッシュ通知が届き重要な報告を見逃さない仕組みづくりで、スピーディーな情報共有を実現しています。

カルテック、
検温アプリで社員の体調を管理し、感染防止の対策を強化

詳しくはこちらをご覧ください。

カルテック、検温アプリで社員の体調を管理し、感染防止の対策を強化

まとめ

今回は現場管理に求められる業務効率化についてご紹介しました。

現場管理をデジタル化することによって、以下のようなメリットが得られます。

  • 生産性の向上
  • リアルタイムな情報共有で迅速にトラブル対応が可能
  • 情報の一元管理による管理工数の削減
  • ヒヤリハットなどの危険の減少

現場管理を効率化する具体的な方法として、以下の方法で進めていくことをおすすめします。

  • クラウドを活用してデータを管理
  • コミュニケーションツールの導入
  • 業務の見える化
  • 従業員の健康と安全をデジタルで管理

上記をすべて叶えるには、業務で使えるモバイルアプリの活用がおすすめです。モバイルアプリ作成ツールPlatioであれば月2万円〜と低コストで導入できるうえに、プログラミングの知識がなくても現場の業務に合わせたアプリが短時間で作成・運用できます。

現場管理の業務効率化を考えているのであれば、業務アプリも検討に加えてみてはいかがでしょうか?
現場で使えるアプリの作成や現場のDX推進に向けて下記ページも参考にしてみてください。

Platio編集部 最終責任者:中野

著者画像 中野

2013年にアステリアに入社。制作からディレクションなどPlatioのWEB関連を担当をしています。

           

Platio体験セミナー

モバイルアプリ作成体験セミナー

あなたの業務を 日でアプリに

まずは触ってみよう。今すぐPlatioを体感!

サービス詳細や効率化課題など
お気軽に相談できます

オンライン相談