ブログ

地方・地域のDXが注目されている理由とは?DX推進を実現した事例も紹介

地域dx、地方dx 事例

地方DXとは

地方では、「人手不足」「 生産性低下」 「商業の衰退」など多くの問題を抱えています。そこで注目されているのが、デジタル化の推進によって地域変革を目指す「地域DX」です。地域DXは、地場の中小企業の経営をより良くし、地方における地域住民の暮らしを豊かにする対策のひとつといわれています。しかし、総務省の「我が国におけるデジタル化の取組状況」によると、地方の中小企業はDXの取組状況が低いという実情があります。

地方中小企業はDXへの取組状況が低いことを表すグラフ

地方都市の中小企業のDXの課題

地方都市は、以下のように様々なDXの課題を抱えています。加速する世の中のDXの流れに乗るためにも、これらの問題は早急に解決しなければなりません。

人口減少

地方に限らず、現代の日本においては人口減少が大きな課題となっています。少子化が進み、日本は2008年をピークに総人口が減少傾向にあり、今後は総人口が1億人を下回ることも予測されています。さらに、地方の場合は人口減少に加え、高齢化や過疎化も深刻な問題です。

人材不足

地方では、大都市への人口集中、産業の空洞化などによって慢性的な人材不足に陥っています。働き方改革で従業員の離職も加速傾向にあり、採用活動にコストをかけられないという問題も抱えています。また、国全体でデジタル人材が不足していますが、地方も例外ではありません。地方DXを進めたくてもデジタル人材を確保できないという問題もあります。

予算不足・予算承認までに時間がかかる

地方DXは、予算そのものが不足しているという大きな問題がありますが、それだけが問題ではありません。DXを進めたくても、業務プロセスの変更は従業員の理解や協力を得ることが難しいという問題があります。予算が高いシステムなどは気軽に試すことが難しく、承認のハードルも上がります。結果的に予算承認までに時間がかかるため、スピーディーに対応するのは難しいでしょう。

アナログな業務体制

地方都市の中小企業では、紙で業務を管理するなどの アナログな業務体制が多く存在している傾向にあります。「何から手をつけたらよいのか分からない」「今のままでも困らない」「情報が流出しそうで怖い」など のイメージがあるため、変化をためらってアナログな業務体制から抜け出せない状態です。しかし、人材不足に悩まされる地方の中小企業こそ、新しい技術を取り入れて業務効率化に対応していかなければなりません。

変革をためらう

地方にかかわらず、DXというと「難しそう」「面倒くさい」「多額のコストがかかる」「メリットが感じられない」というイメージを持つ人は一定数います。DXに伴うイメージが邪魔をし、変革をためらう人が多いという現状があります。また、変革をためらう従業員や上層部の説得に時間もかかってしまうでしょう。DXを推進することによって、自社にどのようなメリットをもたらすのか、費用に見合った変革を起こせるのかなど、事前に説明することが大切です。

地方のDX推進への課題を解決する方法

世の中はコロナ禍を契機として、DXの遅れや必要性を認識し始めました。テレワーク化が進み、DX推進は加速しつつあります。テレワークの実践には、紙の書類や印鑑での決済や対面での業務がどうしてもネックになってしまいます。コロナ禍によるテレワークの推進によって、DXの遅れが認識されることになりました。これまで根強く存在していたアナログ業務もコロナ禍をきっかけに、多くの企業で見直されています。地方でもDX推進を図るため、以下のような方法で課題を解決していかなければなりません。

自治体と連携し人材を確保

地方によっては、自治体が地域への居住を促すためにUターンやIターンの相談会を定期的に開催しています。各自治体と連携しつつ各制度を活用することで、DX推進に関わる人材の確保を目指すのも良いでしょう。

システム刷新の必要性を社内で共有

地方の中小企業は、従業員や経営層が変化をためらう傾向があります。DX推進をする以前に、デジタル化さえ進んでいない企業がいきなりDXに挑戦するのは困難です。まずは、システム刷新する必要性を社内で共有するところから始めましょう。システムを刷新せずそのまま業務を進めていけば、様々なデメリットが発生することを社内で共有し従業員の理解を得れば、協力を得やすくなります。

オープンイノベーションを活用

地方の中小企業がDXに積極的であっても、なかなか人材を確保できないという問題に直面します。地方におけるDX推進に役立つのが、オープンイノベーションです。
オープンイノベーションとは、IT企業や高い技術を持つスタートアップなどから、新しい知識や技術提供を受けることを指します。他社と協力してDXを進めていけば、人材問題も上手く解消でき、自社内だけでは生み出せないようなアイデアも創出できるでしょう。

ノーコードツールを活用し、IT人材不足を解消

近年、プログラミング知識がない人でもソースコードの記述なしでアプリやWebサービスが開発できる「ノーコードツール」が注目されています。ノーコードツールは、用意されたパーツをドラッグ&ドロップの操作で配置するだけで簡単にシステム構築ができるため、IT人材が不足していても問題ありません。現在、日本でも多くの企業がノーコード開発を取り入れています。

ここでは、国産のノーコードツールであるモバイルアプリ作成ツール「Platio(プラティオ)」についてご紹介します。 Platioは、プログラミングの知識不要で、100種類以上のテンプレートを利用して、誰でも簡単に業務アプリを作成することができます。

ITの専門知識を必要としないため、IT人材が不足していてもDXを推進することが可能です。
業務を熟知した従業員が自ら、現場主導でニーズに合った使いやすいアプリを作成・活用することによって、社内のDXを推進することができるようになります。

また、Platioなら初期費用0円、月額2万円からの低コストで導入できる点も魅力のひとつです。
予算不足に課題を感じている企業でも、負荷なく導入することが可能です。

地方のDX推進を実現した「Platio」の導入事例

Platioを導入し、地方のDX推進を実現した3つの事例をご紹介します。

株式会社小坂田建設
車両/建機点検アプリでオイル交換時期を確実に把握し故障を予防

岡山県で幅広い建設・土木工事を展開している株式会社小坂田建設様では、始業前点検をはじめとする点検・管理を徹底しています。しかし、紙による管理では、用紙が雨に濡れて破れたり紛失したりすることがありました。

そこで、Platioで「車両・建機点検アプリ」を2日で作成したことで、漏れのない効率的な点検管理が行えるようになりました。さらに、アプリによる点検で車両や建機の状態について意識する機会が増えたことで点検意識が高まり、結果的に故障の予防につながっています。

株式会社小坂田建設 
車両/建機点検アプリでオイル交換時期を確実に把握し故障を予防

事例の詳細は、こちらから。

株式会社小坂田建設 車両/建機点検アプリでオイル交換時期を確実に把握し故障を予防

柳井電機工業株式会社
営業活動報告アプリで業務の実態を見える化し、DX推進に貢献

大分県を中心に電気設備の設計・施工・保守サービスを請け負う柳井電機工業株式会社様では、業務工数に対する意識改革を目的とし、Platioで「営業活動報告アプリ」を3日で作成しました。最小限の工数でデジタル化を推進できただけではなく、活動の実態や工数が可視化され、結果的に分析や改善を促進して工数の意識改革にもつながりました。デジタルツールに抵抗感がある人でも迷わず簡単に使えてスムーズに運用できたことから、報告時間の短縮も実現できています。

柳井電機工業、営業活動報告アプリで業務の実態を見える化し、DX推進に貢献

事例の詳細は、こちらから。

営業活動報告アプリで業務の実態を見える化し、DX推進に貢献

株式会社加賀屋
アプリ活用でアナログな事務作業を削減、おもてなし時間を創出

石川県の和倉温泉で3館のホテル旅館を営む株式会社加賀屋様の姉妹館「あえの風」では、Platioで忘れ物を写真に撮ってその場で記録できる「忘れ物記録アプリ」と、清掃マニュアルを確認しながら点検できる「清掃点検アプリ」を3日で作成しました。

フロントなどに戻ることなく、現場ですぐに忘れ物を登録したり清掃点検が行えるようになったことで、忘れ物の情報共有のタイムラグが最大5時間削減しました。結果的にお客様からの問合せ対応も迅速化されたことで、お客様への接遇時間が増え顧客満足度の向上に集中できるようになりました。

加賀屋、アプリ活用でアナログな事務作業を 削減、おもてなし時間を創出

事例の詳細はこちらから。

加賀屋、アプリ活用でアナログな事務作業を削減、おもてなし時間を創出

まとめ

地方都市における中小企業のDX推進の課題をはじめ、解決するための方法を解説しました。コロナ禍をきっかけに、世の中はDXへの取り組みが加速していますが、人材不足の解消や新たなIT人材を確保するのには時間がかかります。早急に対応するためにも、誰でも簡単に開発が行えるノーコードツールを上手に活用し、DXを進めていきましょう。

非IT人材が「業務アプリ」を作成したDX事例が読める

Platioの導入背景や効果を導入担当者にインタビュー!

Platio編集部 最終責任者:中野

著者画像 中野

2013年にアステリアに入社。制作からディレクションなどPlatioのWEB関連を担当をしています。

           

Platio体験セミナー

モバイルアプリ作成体験セミナー

どんな業務にも
フィットするアプリ作れます

まずは触ってみよう。今すぐPlatioを体感!

サービス詳細や効率化課題など
お気軽に相談できます

オンライン相談