最新情報

Platio Studio アップデート

  • URL生成フィールドを追加し、レコード内の値などを使用し動的なURLを生成することが可能となりました。
  • encorderURIComponent関数を追加しました(詳細はこちら)。
  • 現在のデータ使用容量を表示できるようになりました。プレート一覧ページの右上のバーガーメニュー(横三本線)をクリックし、「使用量を確認」を選択してください。
  • その他、細かな修正を行いました。
 

新着記事